ザナミビルとインフルエンザの死亡率と加湿器おすすめ

季節性のインフルエンザは小児や高齢者の死亡率が非常に高いので室内の湿度を高く保つために加湿器おすすめで、湿度を高くすることでウイルスの活動を弱めることができるので、ザナミビルの吸入が難しい高齢者や小児に対しては加湿器おすすめが非常に効果的な対策となっています。ザナミビルは効果が高い抗ウイルス薬なのですが、吸入器による投与以外では薬の効果が低くなってしまうので、吸入器の使えない高齢者や5歳以下の小児については別の抗ウイルス薬が投与されることになっています。ザナミビルは耐性ウイルスが出現していないので、安定して効果を発揮できる数少ない薬とされています。インフルエンザによる死亡率を下げるためには加湿器おすすめ情報などを積極的に配信して、室内を乾燥させないための対策をとることが重要です。また比較的死亡率が高いとされている鳥インフルエンザが流行した場合などにはザナミビルが大量に必要となるので、国による備蓄に関しても検討されています。しかしインフルエンザ治療薬に関しては新薬が開発される頻度が高いので、ザナミビルを備蓄する必要性に関しては可能性は低いとされています。現在のインフルエンザ治療薬は症状が出始めてから48時間以内に服用することが必要で、それ以降に使用したとしてもほとんど効果がないとされています。また予防のために服用しても効果がないので、予防のためにはワクチン接種をしなければなりません。ザナミビルはインフルエンザによる死亡率を下げることができますが、高齢者や小児のように免疫力の低い患者に対して投与ができないので、これらの患者に対しては内服薬が投与されています。幻覚などの副作用が少ないので、安全性は他の抗ウイルス薬よりも高いとされています。