発症後48時間以内に使用が推奨されるザナミビル

インフルエンザ治療薬であるリレンザの有効成分は、ザナミビルです。ウイルスが感染し、さらに他の細胞に感染するという場合には、ノイラミニダーゼと呼ばれる酵素が必要となります。このノイラミニダーゼに結合することにより、さらなる感染を防ぐ作用を期待することが出来るのがザナミビルです。
健康な人であれば、ザナミビルは一半日程度ずつインフルエンザの症状がある期間を減らす効果を期待することが出来ます。十分な治療効果を得るためには、インフルエンザ発症後、成人で48時間以内、小児では発症後36時間以内に使用する必要があります。
また、リレンザはインフルエンザを発症している人と接触をした可能性がある場合には、予防として利用することも出来ます。この場合、感染者と接触してから36時間以内に使用を開始する必要があります。
なお、リレンザの開発メーカーはグラクソ・スミスクライン社です。他のインフルエンザ治療薬に比べると、リレンザを使用する事により異常行動を起こす可能性は少ないとされていますが、少なからず報告はあります。メーカー側では、異常行動とリレンザには明確な関連性はないとされています。ただし、そのような報告があることは事実ですので、リレンザを使用後最低でも48時間程度は、状態をいつでも確認することが出来るような環境を整えるようにしましょう。
メーカー側が認めている副作用としては、気道の狭窄や呼吸困難、発疹などがあります。
妊娠の可能性があるという場合や授乳中、5歳未満の小児には使用するのは避けるようにしましょう。使用に関して分からないことや不安に感じることがあれば、使用前にかかりつけの医師に確認するようにしましょう。